• ソリュージョン
  • 導入事例
  • トピックス
  • セミナー・展示会
  • お問い合わせ

イメージ画像

冗長化ソリューション

近年、特に高いセキュリティ性が求められる金融機関やデータセンターにおいては、24時間365日止まることのない映像監視が必要とされています。
しかしシステムには、ハードウェア障害、回線障害等が発生しえます。ArgosViewでは様々な障害に対して複合的な冗長構成を提案しています。
完全二重録画、フェイルオーバ、カメラ内蔵SD連携でシステムの稼動品質をたかめます。

基本機能

完全二重化

同一のカメラからの映像を2つのArgosViewで録画を行い、完全二重録画を実現いたします。もしもの1台の機器障害時にも録画欠損を行いません。

省スペース

フェイルオーバ機能

映像監視に必要なサーバ台数に加えて予備サーバを1台追加することによりN+1の冗長構成を構築。 これにより、録画サーバや統合サーバにもし障害が発生しても、予備サーバが自動的に処理を肩代わり(フェイルオーバー)するため、無停止監視を実現します。

最大10000カメラを統合管理

カメラ内蔵SD連携

もしもの回線断の際には、自動的にSDカードに記録します。回線復旧後に自動的にSDカードからサーバへ映像転送を行い、欠損映像を補填いたします。これにより録画品質向上が可能です

マルチモニタリング