• ArgosViewとは
  • 導入事例
  • 導入方法
  • お知らせ
  • 会社概要

ボッシュセキュリティシステムズの監視カメラに対応



「ArgosView」が
ボッシュセキュリティシステムズの監視カメラに対応

信頼性の高い映像監視システムに
グローバルな知見と映像解析カメラを組み合わせ
より確実、より高度な映像監視環境を提供

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社(以下、VIO)は、監視カメラや各種センサー、システムなどを統合管理する映像監視システム「ArgosView(アルゴスビュー)」を、ボッシュセキュリティシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下ボッシュ)の監視カメラに対応します。

 

2018年5月より、同社製品を新たにサポートした「ArgosView」新バージョンを順次提供してまいります。

インフラ・工場・金融機関などにおけるセキュリティニーズの高まり

わが国では2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目前に控え、交通インフラや関連施設においてセキュリティニーズが高まっています。また、工場や金融機関においても、品質管理や情報漏えい対策など、高水準のセキュリティレベルが要求されるようになっています。こうした施設では、いかなる状況下でも確実に稼働し、迅速かつ確実に異常を発見可能な、ミッションクリティカルな映像監視システムが求められています。

グローバルな知見と映像解析カメラで、より確実な映像監視環境を提供

ボッシュは、空港施設や鉄道施設といった全世界のインフラ・大型施設を中心に高品質なセキュリティソリューションを多数提供しており、幅広い業界や地域におけるセキュリティノウハウを保持しています。また、同社製カメラは、それ自体がインテリジェントな検知機能を持ち、「事故抑止」「防犯」「マーケティング」などの連携ソリューションをスマートに実現することが可能です。

 

VIOはこれまで、インフラ設備や工場、金融機関に向けて、高信頼性・耐障害性を備える映像監視システムを提供してきました。その技術に、ボッシュが有するノウハウや同社の映像解析カメラが加わることで、予期せぬ障害発生時や大規模環境下においても、異常の発生や危険予知情報をより確実に発見、通知することが可能になります。

 

今後、VIOはエネルギー業界や鉄道業界、製造業、金融機関など、ミッションクリティカルな環境が求められる施設向けに、より確実、より高度な、映像監視ソリューションの提供を通じて、安全・安心をお届けしてまいります。

ボッシュセキュリティシステムズ株式会社からのコメント

ボッシュセキュリティシステムズ株式会社 代表取締役 丸岡豊一様

 

弊社はドイツに本拠を置き、安全・安心に関する製品/システム(監視カメラ、火災報知器、業務用音響等)をグローバルに展開する先進的な企業です。
特に、独自の映像解析技術や高効率のビットレートマネジメント技術を搭載したネットワークカメラは、今後のIoTの進展においても重要な役割を担うものであると考えています。
さらに、今回は国内で圧倒的な導入実績を誇る先進的な映像監視ソリューションである「ArgosView」と連携し、それぞれの独自技術や専門性を生かし、強みを集結していきます。
これにより、ビデオ監視システムの分野において新たな業界スタンダードとなるインテリジェントなソリューションを生み出すことを目指します。

 

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

ホームページ:http://service.is-c.panasonic.co.jp