• ArgosViewとは
  • 導入事例
  • 導入方法
  • お知らせ
  • 会社概要

ArgosView ツイートアラートモニター オプションを開発



TwitterなどSNSと監視カメラを連携し、被災状況を迅速に社内共有 「ArgosView ツイートアラートモニター オプション」を開発 「SECURITY SHOW 2017」にて参考出展に関するプレス発表をパナソニックインフォメーションシステムズ株式会社より行いました。
 

このたび開発した「ArgosView ツイートアラートモニター オプション」では、Twitter上の災害情報に関するツイートや気象庁の配信情報などを収集。情報の自動分析により、被災の恐れがある自社の拠点を割り出し、現地の映像を防災センターの監視画面にポップアップ表示します。同時に、LINEやメールでも映像付きメッセージを関係者へ自動送信し、迅速に共有します。これにより、状況把握から初動対応、復旧活動にいたるまでをスピーディに行うことができます。
また、本オプションはSNSを活用するため、各拠点に高額の感震器を設置する必要がありません。特にフランチャイズチェーンなど、多数の拠点を持つ企業などでは、従来に比べ非常に安価に構築できます。
 
 

プレスリリース詳細はこちら(PDF):368.5kb

 
 
↓導入事例はコチラ↓
https://www.argosview.jp/case/case_02/
 
 
AboutArgosView

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

ホームページ:http://service.is-c.panasonic.co.jp