• ArgosViewとは
  • 導入事例
  • 導入方法
  • お知らせ
  • 各種資料ダウンロード

パナソニック ネットソリューションズ 3年連続で国内VMS市場シェアNo.1を獲得



パナソニック ネットソリューションズ 3年連続で国内VMS市場シェアNo.1を獲得

今後はIoT デバイス/画像解析ベンダとの協業によりお客様の実課題解決に貢献

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるパナソニック ネットソリューションズ株式会社(以下 、 パナソニック NETS)は 、 株式会社富士経済(以下 、 富士経済)の調査の結果、国内VMS(ビデオ・マネジメント・システム)市場において2018年シェアNo.1(金額ベース)を獲得したことを発表します。

※1 富士経済「2017、2018、2019 セキュリティ関連市場の将来展望」(2016-2018年実績)
公共分野での需要増により、パナソニックNETSは市場シェア35%

今回の調査によると、 社会インフラをはじめとする公共分野でのセキュリティ需要の拡大に伴い 、 国内VMS 市場が成長しており 、 市場規模は 2011 年に比べると 2018 年は約 91 増加しました 。 今後も堅調に市場が拡大する見込みです 。
パナソニックNETS の映像事業 は 、 パナソニック 株式会社 当時の松下電工株式会社 の 社内 ベンチャー企業 [ 旧ヴイ ・ インターネットオペレーションズ株式会社 以下 、 VIO )] として 1996 年に創業し 、 映像監視システム 「 ArgosView 」 を主力製品として 、 さまざまな分野で映像ソリューションを展開してまいりました 。 また 、2019 年 4 月には 、 映像監視の市場環境が変化を迎えるなか 、 パナソニック NETS と VIO の経営統合 2 を行うことにより 、 顧客のニーズに柔軟に対応できる体制へと転換いたしました 。
2018年は大型案件を中心に堅調に実績を伸ばしており 、 鉄道 、 電力 、 水道などの社会インフラ系や官公庁 、 工場向けソリューションが好調でした 。 製造業については 、 フードディフェンス 食品防御 の観点から長期録画を目的としたリプレイス需要が発生しており 、 業績を押し上げました 。 この結果として 、 このたび 市場シェアを昨年度比 1 ポイント上昇させ 、 35 金額ベース を記録 。 3 年連続シェア No 1 を達成しました 。

画像解析/AIベンダとの協業により、”つなぐ”機能を強化

国内VMS市場を含む映像監視市場におけるニーズは、従来の“監視”“録画”という基本機能から、さらなる映像活用へと発展しつつあります。これを受けて、パナソニックNETSは「ArgosView」の持つ“つなぐ”機能を強化すべく、画像解析/AIベンダとの協業を積極的に行ってきました。その他にも、設備センサとの連
携による災害の自動通知や、警備システムとの連携による省力化など、映像監視の高付加価値化を推進してまいりました。
一方で、2019年にはクラウド録画サービス「Ciero」を活用した手荷物セルフ検査サービスのリリースに加え、一斉値下げを行うことで最低月額1,200円での利用が可能にするなど、顧客ニーズに応じた映像サービスを展開しております。
今後、パナソニックNETSはトップシェアベンダーとして、映像活用の需要が拡大することを鑑み、より簡単に、より便利に利用できる映像ソリューションを展開することで、お客様が抱える実課題解決に貢献してまいります。

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

ホームページ:http://service.is-c.panasonic.co.jp