• ArgosViewとは
  • 導入事例
  • 導入方法
  • お知らせ
  • 会社概要

大手電力会社様 電力会社様向け 映像集約ソリューション

集中力を切らすな。

あらゆる発電設備から電気エネルギーが集まる発電所。 発電設備の映像も、絶えず一か所で集中監視することで、皆さまの安定生活を守ります。

管理者「発電設備に異常があるらしい。今すぐ駆けつけてくれ!」
作業者「ここから2時間掛かるうえに、吹雪でとても近づける状態ではありません。」
管理者「う~む・・・。」

異常があれば、我々の生活を脅かしかねない発電設備。
しかし、山間部や河川など僻地にある発電設備を、 24時間365日見守り続けることは容易ではありません。

そんな課題に対して、ArgosViewは全ての発電設備に取り付けてある既設のカメラをネットワークで接続。
一か所で集中監視することにより、警備コスト、監視コスト、情報共有の手間を削減しました。
さらに、ウェアラブルカメラを導入することで、作業者が現場にいながら管理者に判断を仰ぎ、その場で実行することが可能になりました。

我々の生活を支える電気エネルギーを創り出す発電設備。
ArgosViewは、電力会社の一員として、雨の日も、雪の日も、嵐の日でさえも、わき目も振らず、じっと設備を見守り続けることで、皆さまの生活に明るさをお届けします。

課 題
僻地に散らばる発電設備を常時警備にかかる手間とコスト
課題

発電設備が僻地に設置されているため、問題発生時に毎回駆けつける必要があった。

課題

暴風雨に対応した多種多様な特殊カメラをそのまま使いたい。

課題

ライフラインに関わる 施設であるため、万一の時でも監視を停止させるわけにはいかない。

提 案
全国に散らばる既設カメラの映像を一か所で集中監視
効 果
発電設備の警備コスト、映像監視コストを削減すると同時に、冗長化を実現
効果

僻地に設置されているいくつもの監視カメラの映像をネットワーク経由で集約することで、警備や監視コストを削減。

効果

既設のカメラをそのまま使用することで、カメラの購入費用抑制に貢献。

効果

ウェアラブルカメラを利用することで、作業者が現場にいる状態で判断・実行が可能。業務の生産性が大幅に向上。

ArgosViewへのお問い合わせ
Webからのお問い合わせはこちら