• ソリュージョン
  • 導入事例
  • トピックス
  • セミナー・展示会
  • お問い合わせ

導入事例

食品会社様 フードディフェンス

導入ソリューション

長期録画システムで、長期録画保存を低コスト・省スペースで実現!

昨今、食品に関する品質関連の問題により、消費者の食の“安全性”への関心は、ますます高まっており、消費者の信頼を得るためには、フードディフェンス対策、信頼性向上活動を積極的に進めていくために、ArgosView長期録画ソリューションを採用された。

  • セキュリティ
  • 公共
  • 文教

イメージ

課題

長期録画を低コストで導入したい

これまでのハードディスク保存の場合には、大量の本数が必要かつ、3年毎の予防交換に非常に高コストが必要であった。長期録画の必要性が大きくなるが、低コストで実現したい。

数百テラバイトの容量を省スペースで簡単に管理したい

250TBを超える容量を保存するためには、2Uのサーバが7台(合計14U)必要でサーバルームのスペースの確保が難しい状態であった。

提案

LTOテープを使っての録画バックアップを提案

1巻2.5TBの大容量が保存できるLTOテープを使ってのバックアップを提案。LTOテープは、50回~100回程度のフルバックアップが可能で、保管期間寿命は30年ともいわれております。

録画したLTOは金庫で管理し、バーコード管理での管理自動化を提案

2Uのサーバと2UのLTOオートローダ装置(合計4U)とし、LTOテープはバーコードをつけて金庫に収納し、自動管理を提案した。

効果

従来のハードディスクの保存より低コストでの導入実現!

従来のハードディスク保管に比べて、最大50%のコスト削減を実現した。また、LTOテープはハードディスクのように、通電の必要性がないため、消費電力のランニングコストも削減となった。

省スペースに加えて管理工数削減を実現!

従来の14Uから3Uへと省スペースでの導入を実現した。LTOテープ管理もサーバで自動的に台帳管理し、管理工数も大幅な削減を実現した。

これまでのハードディスクの運用では、ハードディスクの故障でデータが失われる経験をしましたが、LTOでのバックアップの場合には、直近1ヶ月はサーバ内+LTOテープにデータが2重化されているためシステムの安全性が向上しました。

システム構成図